2006年06月20日

ささみ梅肉串

torikusi.JPG

ささみ梅肉串は梅の味が鶏肉によく染み込んでいます。

なお、日本一の梅の里、和歌山県みなべ町は一人当たりの医療費がずば抜けて低い医者いらずの町。

各家庭には梅肉エキスが常備されています。

梅については、平安時代の「医心方」という医学書に梅の効用が書かれています。

戦国時代には食あたりなどを防ぐ携帯品として、また江戸時代に庶民の口に入りました。
posted by rakuyen at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすずのメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。