2006年09月21日

ファーストフードに対抗するスローフード

ファーストフードに対抗するスローフード 最近よく耳にするスローフードは、1986年頃イタリア北部の小さな町で生まれました。

この時期、ローマにマクドナルド1号店が進出するにあたり、街の景観が損なわれることを危惧した市民による騒動があったようです。


ローマ時代の遺跡がいたるところにある歴史の街ローマにあって、景観だけでなく、それによって地元ならではの食文化が損なわれないのかという心配がありました。

その時ささやかれてきた言葉が、ファーストフードに対抗する「スローフード」でした。

北部のある田舎町ブラを本拠地としたスローフード運動は、「アルチ・ゴーラ」という美食の会として、またたく間に世界中で賛同者を増やし、今では世界的なムーブメントとなりました。

そして日本にもその波が押し寄せました。

スローフードは食の楽しみを現代の人々に呼び戻そうという活動です。

ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサンスでもあるわけですね。

全てがスピードや企業利益を優先させてきた「ファーストライフ」の結果をもたらした食の均一化が今の日本の食文化にも見られます。

大きな町の駅前にまず見られるファーストフードのお店が、歴史ある文化の香が高い街角にもありますね。

それは単に食の均一化だけでなく、添加物や農薬による食の環境の変化、自然環境への負担なども引き起こしているかもしれません。

ファーストライフをスローに転換してはどうかというのが、スローフードという言葉にこめられた提案です。

★全国グルメ紀行
posted by rakuyen at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

薬膳素材 かぼちゃの種

sk15xkboc.jpg

薬膳素材 かぼちゃの種(まるも)は、かぼちゃの種を生のまま袋詰した食品です。

煎ったものをそのまま食べたり、サラダに加えてもおいしくいただけます。

健康は食によって作られるという薬食同源。

中国の思想を実現すべく、毎日の食卓に本品を上手に取り入れて、元気なはつらつライフにお役立てください。

お求めはこちら。
posted by rakuyen at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

創健社味噌らーめん

148021sk.jpg

「濃厚なコク」「あたたかさ」を味噌らーめんの「魅力」と考え、遺伝子組み換えのない大豆使用の「味噌」にこだわりました。

何も人工的な手が加えられていない「大豆そのもの」の味する味噌風味に、香ばしい「ごま」の香り、さらに、野菜の自然な「あまみ」のぬくもりが味のハーモニーを奏でます。

ホタテの旨みをプラスすることが味に「深み」を与えることになった味噌らーめんです。

スープがからまる「麺」は・・・・より「生」麺に近いつるつる感と、歯切れのよい「コシ」。

これに尽きます。国産小麦の持つ小麦本来の味を引き出した力強い「麺」になりました。

調理後における、麺の「のび」をかなり抑えております。

素らーめんはもちろんのこと、お野菜、卵等、お好みの具を入れてお客様オリジナルの「味噌らーめん」どうぞ、お召し上がりください。

お求めはこちら。
posted by rakuyen at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 麺ラーメン・そば・パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

山菜釜飯

toriyama.JPG

山菜釜飯は、ご覧のように山菜豊富で、鶏肉豊富で、栄養満点です。
posted by rakuyen at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすずのメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

今日はお昼も夜も

torisuzu2.JPG

今日はお昼も夜も、食事は「とりすず」。

お昼はご覧のようにゴージャスな内容=写真=。

なお、写真はデジカメからパソコンに取り込めないため、暇を見つけて原因追求します。

煮魚、刺身、ピーマン、野菜のフライ・・ナスの煮たのがいい。

そして夜は山菜釜飯、ささみ梅肉串、野菜サラダ、グラタン・・これだけで2食分。

お腹が一杯になった。

沖縄の地酒、泡盛(あわもり)は於茂登(おもと)25度を水割りでいただいた。

於茂登は、地釜、蒸溜ならではの香味を残した豊かな味あいを楽しんだ。

於茂登はささみ梅肉串によく合う。

名古屋錦とりすずの野菜釜飯
posted by rakuyen at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

とりすず関連ブログ

torisuzu3.JPG

とりすずでグルメ
昨日、夕方、名古屋市中区栄の繁華街で、グルメしてきました。
メニュー料理は、とり肉料理です。
そのお店は、夜は居酒屋ですが、名古屋では有名な日本料理店「鳥鈴(とりすず)」です。

名古屋錦とりすずの野菜釜飯
鶏肉は宮崎県の広々とした高原で育てられた歯ごたえある絶品とお店が自信を持って提供するだけあって、本物の味。

中区錦三丁目のとりすず
だから「とりすず」のランチは、食感や見栄えだけではなく、生活の活力を得られる健康食になっている。

「とりすず」は、地下鉄1番出口から北へ2分。大津通りに面しています。

通り西奥は夜ともなれば、錦三丁目の高級クラブなど名古屋の歓楽街です。

その最高の立地にあります。

名古屋市中区錦3-7-13(榮錦ビル2階)。
電話052−971−2366

地図はこちら。

posted by rakuyen at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすずの関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

冷酒・山古志

新潟と言えば日本酒がおいしいところ。

新潟県中越地震で全村が破滅して、 山古志村を応援しようと今、全国から支援者が冷酒として有名な山古志を飲んでいます。

この山古志が日本でも指折りなお酒として、定評があるのは、大切に育てられ、天日干しされた好適米一本ジメを用い、丹念に磨き上げ、米のうまみを活かしたお酒だから。

香り高くまろやかとの評判です。
posted by rakuyen at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすずのお酒ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

名古屋市中区錦3-7-13

torisuzu3.JPG

torisuzu4.JPG
「とりすず」は、地下鉄1番出口から北へ2分。

ウオッチマンを越えて、近畿大阪銀行名古屋支店を越え、漫画マンガ喫茶マンボーも越えて、「紀州鉄道名古屋栄ホテル」の看板が見える、大津通りに面した栄錦ビル2階にあります。

名古屋市中区錦3-7-13(榮錦ビル2階)。
電話052−971−2366

地図はこちら。
posted by rakuyen at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすず場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

プロフィール

1997.jpg

1ヶ月に10日ほど「とりすず」で食事しています。

夜はほとんど指定席。

入り口から見て、左は座敷。右はテーブル席。

右突き当たりのところに座っています。

大したプロフィールではありませんが、生まれは愛知県のようです。

気がついたら、人間でした。

ブログ、ホームページはmixiなど含め、80くらいあります。

ブログ集です。

ブログの他社比較していたら、増えに増えてしまいました。

以下、enjo桜井食品応援団のリンクを参考にしてください。

グルメの顔としてのプロフィールです。

そのほか、いろいろな顔を持っていますが、上記ブログ集を参考にしてください。

ひとつだけお知らせします。

オンラインショッピング楽エン本舗の運営もしています。
posted by rakuyen at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のプロフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ささみ梅肉串

torikusi.JPG

ささみ梅肉串は梅の味が鶏肉によく染み込んでいます。

なお、日本一の梅の里、和歌山県みなべ町は一人当たりの医療費がずば抜けて低い医者いらずの町。

各家庭には梅肉エキスが常備されています。

梅については、平安時代の「医心方」という医学書に梅の効用が書かれています。

戦国時代には食あたりなどを防ぐ携帯品として、また江戸時代に庶民の口に入りました。
posted by rakuyen at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | とりすずのメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。